医療的ケア児のための児童発達支援と、放課後等デイサービス。

最近は医療技術も発達し、病気や障害があっても、多くの子どもの命が助かるようになりました。中には医療ケアをしながら退院し、地域での生活をされているお子さんやご家族もいらっしゃいます。年々そういった医療ケア児は増えて、現在では全国で1万7,000人以上いると言われており、その数はこれからも増えると予測されます。

こういった医療ケア児は、病院から自宅のある地域に退院しますが、退院してからの地域で支える仕組みは充分ではなく、ご家族が孤軍奮闘しているのが現状です。ご家族の中には、家からも出られずに寝る時間もままならない状態で、必死にお子さんをみておられる方も多くいます。ご兄弟の行事にも参加することもままならかったり、自分の受診でさえ我慢しなければ、医療ケアのある子どもの面倒をみることが出来ないということも多くあります。

また家から出られない状況は、子どもの発達にも大きく影響してしまいます。多くの子どもは保育園や幼稚園また小学校などで、子どもだけの集団生活を経験し、そのことで大きく成長していきます。しかし、医療ケアが必要なお子さんの場合は、保育園や幼稚園での受け入れは難しく、集団生活の経験をすることが難しい状況です。

そこで、私たちKIDSゆらりんでは、障害をもったお子さんの中でも、特に医療ケアが必要なお子さんやご家族を支援していきたいと考えています。


子どもに病気や障害があることは、親にとっては悲しく辛い出来事かも知れません。
でも、病気があっても、
医療ケアが必要でも、
その子らしく生きていくこと、
その親らしく生きていくこと、
が出来る、そんな地域にしていきたいと思っています。

どんな子供が利用できるの?

① 医療的ケアが必要な児童(0歳から18歳まで)(医療ケアの種類は問いません)
② 重症心身障害児

利用までの流れ

① お問合せ:電話044-299-6240
② 見学
③ ご自宅で面談:お子さんの様子など伺います
④ 受給者証の発行:相談支援員さんがいる方は相談支援員さんにお願いしてください。ご自分で申請される方は各自治体の障害福祉課へお問合せください。
⑤ 初回利用日の設定
⑥ 初回利用:初回ご利用のみご家族の方の付き添いが必要となります。

費用について

障害児通所給付費の対象となるサービスです。受給者証を取得することで国と自治体から利用料の9割が給付され、1割の自己負担でサービスが受けられます。

利用した日数に応じて1割負担分の利用料を支払いますが、前年度の所得によりひと月に保護者が負担する額の上限が決められているので、利用する日数が多くても下記の金額以上の負担は生じません。

所得ごとの負担上限額

生活保護・市町村民非課税世帯:0円
年間所得がおおむね890万円以下の世帯:4,600円
年間所得がおおむね890万円以上の世帯:37,200円