訪問介護は、住み慣れたご自宅で介護サービスを受けることができる、ご利用者にとって安心感が強い介護サービスです。

ご自宅に、介護福祉士や初任者(実務者)研修を受けた専門職が訪問し、身体介護(排泄介助・入浴介助・食事介助・自立支援・移動等)や家事(調理・洗濯・掃除・買物・薬の受け取り等)援助・代行を行います。

ゆらりんの強みは、医療と看護の連携

また、ゆらりんの強みは、医療と看護の連携がとれており、喀痰吸引1号研修を受け吸引や経管栄養にも対応ができるヘルパーもいます。指定障害福祉サービス事業所でもあり、障害者の日常生活や社会生活を総合的に支援します。

自宅でできる限り、自立した生活が送れるように

自宅でできる限り、自立した生活が送れるように、お手伝いします。例えば、一人暮らしの方は、調理をするのが面倒でお惣菜等で簡単にお食事を済ませてしまう傾向ですが、ヘルパーと一緒に調理することできちんとした食事がとれます。一人ではできないことも、ヘルパーと一緒にすることでできることがたくさんあります。ご利用者の生活の質があがり、介護度が重くなることを防ぎます。

重度な病気になっても、認知症になっても、家族に迷惑をかけたくない気持ちはあれど、やっぱり自宅で住み続けたいものです。

ことわざに、「遠くの親戚より近くの他人」というのがあります。いざという時には頼りになるのは、遠くで暮らす親類でなく、その地域に住んでる他人。地域の方が、早期に異変を発見してくれたり、ちょっとしたことを支えてくれる昔は当たり前だったことが、最近は疎遠になっているのも事実です。

福祉業界は万年人手不足で、依頼があってもお断りしなければいけないことがあったり、介護保険では、できることとできないことがあります。

介護保険外(自費)サービスもありますのでご相談ください。

  • 大掃除
  • 草むしり
  • 家族の為の家事援助
  • 通院待ち時間
  • 等も対応しております。